PERSONAL

就職した時

独立され、ご自身の人生設計を考える上で必要な保障をご提案させていただきます。

就職した時
ご就職おめでとうございます。

社会人になるとご自身でこれからの人生のリスクに備える必要が生じてきます。
ご自身で入る初めての保険には「何に入れはよいの?」「人生で起こるリスクって何?」などたくさんの疑問があるのではないでしょうか。

まずは、最低限の備えとして病気やケガなど日常に起こるリスクに備えた保障、さらには資産形成など将来に備えた保障を検討されてはいかがですか?



病気に備えた保険・・・医療保険・がん保険

突然の病気・ケガでも安心して治療を受けられる医療保険・がん保険に加入しておけば安心です。

がん保険

がん保険

日本人にとって今やがんは身近な病気です。
がんの治療には三大治療と言われる「手術・抗がん剤治療・放射線治療」などの治療方法があり、現在では入院日数は減少し、通院治療日数が増加している傾向です。
治療に際して、思わぬところで治療費以外にも通院交通費や入院中のアメニティ費用などの支出が発生することがあります。

また、女性にとっては「乳がん」など女性特有のリスクがありますが、女性特有のがんに手厚い保障を備えたがん保険もあります。

安心して治療をうけられるための備えとして「がん保険」のご加入をおすすめします。

 

医療保険

医療保険

病気やケガ全般の入院・治療の保障をベースに、

■日本人がかかりやすい生活習慣病(三大疾病)に手厚い保障
■女性特有の疾病に手厚い保障
■公的医療保険制度の対象にならない先進医療に対する保障
など多種の保障からご自身に必要な保障をお選びいただくことが可能です。

突然の病気やケガで不測の出費が発生しても安心して治療に専念して頂けます。

 

将来に向けての貯蓄に備えた保険・・・終身保険・個人年金

若いうちから将来を見据えた貯蓄性のある保険に入っておけば、将来の生活も安心です。

終身保険

終身保険

生涯の死亡保障に加えて、貯蓄機能も持つ保険です。
解約払戻金をご自由に活用することも可能です。

 

個人年金

個人年金

亡くなった場合は死亡給付金、年金支給開始日からは一定額の年金をお支払いする保険です。

中期・長期的に銀行に預けるよりも有効な資産形成が可能な商品もあります。

また、個人年金保険の保険料は個人年金保険料控除の対象となり、一定額が所得から控除されます。これにより所得税と住民税を軽減することができます。会社員の方であれば年末調整で、自営業者の方であれば確定申告で税金の還付を受けることができます。

公的年金だけでは足りないと考えて、ご自身で老後に備えようという方が増えてきています。
長生きに対する備えが必要と言われている今、ゆたかな老後を過ごすためにもご加入をおすすめします。

 

 

各ご相談内容からはこちら

お問い合わせ・資料請求はこちら